宿泊イベント

当サークルでは、年に1~2回宿泊イベントを行っています。                 サポーターの皆さんとともに楽しく1泊2日を過ごしています。                                            最近では公共交通機関を使い都内へ進出もしています。

{BumBキャンプ2016}(2016年12月10日~11日実施)

 

つい先日 東京都江東区にある「BumB東京スポーツ文化館」へ泊りに行ってきました。2回目でしたが今回は押上から観光遊覧船でお台場に行き遊んでから宿に向かうという東京観光を含めた2日間を過ごしてきました。

{もともとFCは手賀の丘キャンプから}                              FCの始まり(詳しくは後々)は千葉県立手賀の丘少年自然の家で行った親子宿泊キャンプからでした。最初は親子・兄弟児も含む40名近くの大所帯で泊まっていましたが、親たちの考えもあり少しずつ企画運営・サポーター集めなどを自分たちでし始め今の自分たちとサポーターさんのみのキャンプになっていきました。

  (最初のころのキャンプの様子)

少しずつ親と一緒に活動していたのが分離しメンバーとサポーターさんのみの活動(親は親)の活動となり2010年9月に初めてメンバーとサポーターのみのキャンプが実現しました。         その後年1~2回キャンプを行っています。

 

<現在は休止中ですがこんな宿泊イベントも行いました>                 {FCステップアップキャンプの開催}                                  キャンプを続けていく中で新井が「まつどNPO協議会」の設立にかかわる中で知り合った「CHIEの輪」の阿部さん こぱてぃの小熊さんと「障がいの有無や介助の有無を関係なくして同世代のかかわりを大切にした」宿泊プログラムを作りたいという話になり 例年やっているFCキャンプに伴奏する形で「FCステップアップキャンプ」を行いました。

このキャンプはCHIEの輪のプログラムである「大学生ギアチェンジプロジェクト(ギアプロ)」とFCメンバーが一緒に企画して一緒に行くキャンプです。                                 例)

*第一回(2013年のキャンプの様子)

キャンプ実施の前に計3回の顔合わせやプログラム作りをしました。                1回目は顔合わせをし2回目は講師(FCサポーター)を呼びギアプロの皆さんに車椅子の押し方や簡単なサポートの仕方をレクチャー

3回目はキャンプで行うプログラム作り。さらに交流を深めようと最初にアイスブレークも入れ後半は二班に分かれ当日のプログラム作りをしました。

で十分交流し合えたところで当日を迎えました。

当日は事前に考えたプログラムやお互いの団体の課題ワークを行い・交流も十分に行いました。

  

翌日は振り返りを行い 時期を替え秋に宿泊プログラムとして「BumB東京スポーツ文化館」へ泊りに行きました。

 

このプログラムは初の試みだったので新鮮でした。

翌年はお互いの団体が忙しく千葉県立手賀の丘少年自然の家のみのプログラムとなりましたが、良いプログラムとなり、2年間実施しましたが現在はやっていません。その後のFCの活動にも良い影響を与えることになりました。またやれる時があればやりたいと思います。

(続く)